このページの先頭です

知るか知らないかで明暗を分ける!40代で確実に成功する転職術

231views

投稿日:

企業から求められているものを把握する

一般的に40代からの転職は難しいとされます。なぜなら、企業が求めるのは圧倒的に20代や30代という若い人材に絞られ、40歳を超える人の採用枠自体がもともと少ないためです。 しかし、40代は若い人材に比べ将来性に少し見劣りするものの、これまで培ってきた知見や技術など経験という観点で若者に勝るものがあります。

その部分を面接や履歴書で積極的にアピールする事が、転職が成功するか失敗するかの明暗を分けます。 そして、何よりも先に、企業が40代の転職者に求めているものを把握する事が大切です。以下に紹介する3つのハードルを越えてしまえば、転職で成功する確率はグッと高まるでしょう。

実務や実践でも活かせる即戦力

そもそも企業は高齢の方を雇う場合、悠長に時間をかけて成果を測るような事はしません。40代向きの求人があった場合、すぐにでも成果が出せる即戦力の人材を求めている前提がある事を理解しましょう。 その点では20代や30代の人材に比べて非常に厳しい環境と言わざるをえません。遅くとも入社から3~6か月までには実績を残したいところです。

部下を統括できる管理能力

実際に入社した後、即戦力の実績が期待されるだけでなく、すぐに部下を配属される事も多い40代。それだけに、部下を統括する能力も多分に評価項目に入ります。面接や履歴書では、この部分をアピールできれば高いポイントになります。

人間関係の調整能力

40代は上司と部下の間を取り持つ立場として非常に難しい環境にあります。だからこそ、上司や部下の意見をしっかりと汲み上げ、両者に的確に伝達する調整力も重要です。

40代だからこそ活きる様々な転職ツール

年齢を経るに従って経験する事も増え、それが強みとして活きます。40代の転職では、この経験力をフルに活用する事が肝要でしょう。 転職するには色々な方法がありますが、若い時には使いづらいツールも、40代では経験を活かして最大限効果的に運用していく事も可能です。今回は、40代に最適な転職方法を3つ紹介していきましょう。

転職エージェントを活用する

通常、転職するには専門のサイトに登録し、そこから順次応募していく方法が一般的です。転職エージェントは通常のサイトと異なり、登録をする事で自分にあったベストマッチな企業を紹介してくれます。 特に転職エージェントでは、年齢が若い内よりも、歳を重ねて経験豊富になった40代の時に最大の効果を発揮します。

様々な経験をすると、それだけアピールする材料や選択肢も増えます。結果、こちらから面接を希望せずとも、企業側からお呼びがかかる可能性も出てきます。 そのため、エージェントの担当者にはしっかりと仲介してもらえるよう、誠実な印象を与えておく事が大切です。

転職SNSを活用する

最近は転職サイトやエージェントだけでなく、ビジネス系に特化したSNSサービスも増えつつあります。いわゆるリファラル採用と呼ばれるものです。 こちらもエージェント同様、歳を重ねるごとに効果が増す転職方法と言えます。過去に仕事の関係で知り合った縁故を活かして、その企業に勤める知人を通して採用の交渉が可能です。

ヘッドハンティングを活用する

40代は若い人材に比べ、即戦力に適した能力を備えている場合が多く、ヘッドハンティングではそうした人材を求めて情報を集めています。年齢を重ねて、高い実績を積み重ねてきた人ほどチャンスがあります。 多くのヘッドハンターはビジネス系の雑誌を参照して情報収集をする事が一般的です。高いビジネススキルや特殊技能を持った人なら雑誌に掲載される事も夢ではなく、若い内にそうした展望を描いて努力する事も重要となります。 また、有名な企業のセミナーなどにもハンターが現れる場合もあり、アピールする事ができればその場で声がかかる可能性も大です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です