このページの先頭です

転職を成功させたい!40代で面接に挑む時のポイントとは?

255views

投稿日:

面接では会社への貢献度をアピールする

これからどうやって会社に貢献するかをアピール

40代で転職をするなら、今までの自分のキャリアとスキルを前面にアピールすることが大切です。20代と違ってこれから先の将来性に期待されるのではなく、即戦力としての会社への貢献度が試されるからです。自分が会社に採用されたらどんなことができるのか、どうやって貢献することができるのかをアピールしましょう。

面接では履歴書のアピールポイントだけでなく、実際に本人の口からどういった考えを持っているのかを聞きたいと思っています。自分のスキルをどうやって会社に活かせるか、自分自身のプランニング能力も見られています。頑張りますの言葉だけでなく、できるだけ具体的に何をしたいのかをはっきり伝えましょう。

具体的なプランを提案すればポイントアップ

面接の時に会社へどれだけ貢献できるかをアピールすることは大切ですが、より具体的なプランを提案することを意識しましょう。今までの自分の実績によって、この会社ではどんなことができるのかを提案します。今まで会社にはなかった発想やプランニング能力があることをアピールすることで、転職を成功させることに結び付けられます。

会社の仕事内容を知っていなければアピールできないので、会社の情報もしっかりと調べていることもさり気なくアピールできます。40代では言われた仕事をやるだけではなく自ら企画を提案するなど、アイデアや行動力が必要とされます。面接時にいかに自分を採用することが会社にとってプラスになるのか、アピールすることが転職をする時のポイントとなります。

面接で気をつけるべきポイント

過去の栄光を引きずらない

40代での転職では自分の今までのキャリアやスキルに自信を持っている人も多く、実際に履歴書には過去の実績をビッシリ書いてアピールしているはずです。確かに過去の実績があればそれだけ高いスキルがあることの証明になりますが、これからの実績とは直接結び付くかは分かりません。あくまでも前の会社での評価や実績であって、新しい会社で活躍できるかは分からないからです。

40代は自分に自信が持てる年代でもありますが、面接では自分の態度に気をつけるべきです。過去の栄光を引きずったり偉そうな態度が垣間見えてしまうと、面接ではマイナスポイントとなるので注意しましょう。あくまでも自分のスキルがあることを証明し、これからどうやって会社に貢献できるかをアピールすることが大切です。

自分に自信を持つ

転職を繰り返すようになると自分は会社に必要とされてないと感じ、自分に自信をなくてしまうこともあります。1つの会社でキャリアを積む人もいれば、転職を繰り返しながらキャリアアップをする人もいます。前向きに転職を繰り返す人がいる一方で、ストレスや諸事情によって転職を繰り返すこともあるでしょう。

40代になると今までのキャリアを含めて自信を持って仕事に取り組める人と、自信が持てない人とに分れる傾向にあります。とにかく働く場所を探している人ほど自分に自信がない人が多いので、面接ではあまり良い印象を与えることができません。自分に自信を持って面接に望むことが大切なので、40代の落ち着いた大人をイメージして転職を成功させましょう。

自己プロデュースする

40代になると自分自身のことをある程度分かってくるので、長所や短所なども把握できるようになります。自分の最大の強みが分かっていれば、面接でも大いに自己アピールすることができます。自己プロデュースすることによって自分の強みをアピールし、会社にとってどんなメリットがあるかをはっきりと伝えることができます。自分をいかに会社に売り込むかが面接でのポイントとなるので、自分自身を見つめ直して面接へ挑みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です