このページの先頭です

転職の面接で聞かれて困る質問|面接官の意図と答え方まとめ

245views

投稿日:

転職の面接で聞かれて困る質問

職歴についての質問

転職で提出する履歴書には職歴が記載されていますが、職歴についてあまり聞かれたくないという人も多いものです。人に説明しにくい理由で辞めた仕事や短期間で辞めてしまった仕事など、後ろ暗いことはないにしてもできれば履歴書の情報だけで終わらせて欲しかったことを質問されると回答につまってしまいます。

職歴については基本的に素直に事実を打ち明けるのが一番ですが、説明しにくいときはその職場の個別事情を理由として回答するといいでしょう。 職歴に関して面接官が質問するのは、採用後にすぐ辞められてしまう事態を回避するためです。どの職場でも共通する理由で仕事を辞めるような人物だと転職後も同様の理由で離職するのではないか、と思われかねません。

例えば人間関係が理由で仕事を辞めたと回答してしまうと転職後に上司や同僚と人間関係でトラブルを起こすリスクを抱えている、と判断される恐れがあります。 その職場個別の事情を理由にすればそれ以上突っ込まれることはありません。会社の方針転換や事業規模の縮小、出向の強要などを理由として回答すれば印象を下げることもなく質問は終わります。

将来の目標についての質問

将来の目標についての質問も転職面接ではよくある質問ですが、聞かれた側として回答しにくい質問です。この質問の意図は転職を通じた将来設計の確認なので、正しい回答は仕事を軸にした将来の展望です。単純に夢や願望を回答するだけでは将来の目標とはいえず、面接官の意図にも答えられていません。 転職後の仕事をライフプランにどう位置づけるのか、職務とプライベートのバランスをどのようにとるのかなど仕事を絡めて将来の夢や願望を回答するとよい印象が与えられます。

独自の成功基準を示すのも効果的です。将来的な成功と言っても人によって基準は異なります。大金を稼ぎたい、のんびり暮らしたい、出世したい、独立したいなど将来の目標にはいろいろな形がありますが借り物ではない独自基準の成功を目指せる人は企業にとって雇用したいと思える魅力的な人材です。どんな基準でもいいので自分なりの成功の形をイメージしておきましょう。

会社に関する質問

「我が社に欠けているものは何だと思いますか?」といったような会社に関する質問も面接ではよく聞かれますが、実に回答に困る質問です。素直に答えると失礼に当たる可能性がありますし、適当にごまかすのも気が引けます。 このような質問は会社についての関心や知識を問うものです。面接官は具体的な指摘を欲しているわけではなく、会社の現状を正確に理解して回答しているかをチェックしています。

的はずれな回答であったとしても会社の現状をしっかりと認識し考えた上での回答であれば高評価につながります。 求められているのは正しい回答ではなく会社に対する正確な理解なのですから、事前に業界研究や会社研究でしっかりと情報を集めていればこの質問を恐れる必要はありません。熱意を持って筋の通った論理的な回答ができれば十分です。

能力に関する質問

「あなたを雇用することで我が社にどんなメリットがありますか?」といった能力に関する質問も聞かれて困る質問です。特に40代を過ぎてからの転職で聞かれることが多い質問ですが、この質問は転職希望者が自分という人材を客観的に評価できているかをチェックするための質問です。 雇用するメリットとは貢献できる内容であり、強みやスキルそのものです。どのような形で会社に貢献できるのかを率直に回答すれば問題ありません。過剰アピールは信頼性を欠く行為であり逆効果です。

面接での質問には誠心誠意答えること

面接での質問には必ず意図があります。回答に対する態度や誠意をチェックするためにわざと関係ない質問をするケースもあります。一件無関係に思える質問でも必ず意図があるのですべての質問に誠心誠意回答しましょう。 意図を読んで回答するのも重要ですが担当者は偽りのない真意を見たいと考えているので、相手が望むような回答ばかりして隙を見せないでいると逆に印象が悪くなる可能性があります。深読みしすぎず時には素直に回答するのも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です