このページの先頭です

転職の面接で好印象を与える逆質問3選ポイントを解説

288views

投稿日:

転職の面接で効果的な逆質問は3つ

転職の面接での効果的な逆質問は、だいたい3つのパターンに絞られると言えるでしょう。

意欲を伝えるパターン

まず一つは意欲を伝えるパターンです。つまり逆質問というこちらからの質問の時間すらも、自分のアピールに使用するという方法です。逆質問の時間だって、それが面接の時間であることには変わりはありません。そして面接の時間は、いうなれば全て自分のアピールの為の時間になります。だから、逆質問をこんな風に使うのも成功に繋がるのです。具体的な、意欲を伝えるパターンの質問には以下のようなものがあります。

  • 転職してから特に必要になるスキルは何ですか?
  • 今のうちに学んでおくべきことは何かありますか?

そこでしか聞けない事を聞くパターン

意欲を伝えるパターンの他には、そこでしか聞けない事を聞くというパターンもあります。逆質問の時間は、面接官と転職希望者が会話出来る数少ない機会だと言えます。そこでしか聞けない事を聞けば、そんな数少ない機会を活かそうとしていることが伝わるようになるでしょう。だから、評価されやすくなるのです。逆に自分で調べれば分かるような質問をしていると印象が悪くなる事もあるので注意が必要です。そこでしか聞けない質問とは以下のような質問です。

  • 社内の仕事中のコミュニケーション頻度は多いですか?少ないですか?
  • だいたい1人で何件位の仕事を抱えていることが多いですか?

個人的なコミュニケーションをするパターン

転職面接での効果的な逆質問としては、個人的なコミュニケーションをするというものもあります。まずは例を見ていきましょう。

  • なぜこの企業を選んだのですか?
  • この企業で仕事をしていてどこに楽しさを感じますか?

このように、面接官個人に対して質問をするという方法です。これでは、それがきっかけでコミュニケーションが広がることがありあす。転職面接も、いうなればコミュニケーションの場です。なので、かしこまってしまい全然話せないよりは、たくさん話すことが出来た方が印象は良くなりやすいのです。そこから会話が広がりやすいこういう逆質問は、転職面接を成功に導いてくれると言えるでしょう。

それぞれの逆質問のポイント

転職面接での効果的な逆質問は以上のようになりますが、それぞれの逆質問にはポイントがあります。

意欲を伝えるパターンはそれがメインになり過ぎないように

まず意欲を伝えるパターンの逆質問ですが、意欲を伝える事がメインになり過ぎないようにしないとなりません。意欲を伝えることがメインになってしまうと、どうしてもあざとさが伝わってしまいます。それを好意的にとらえてくれる面接官もいますが、やはりあざとすぎると逆効果になることが多いです。なのであくまでも逆質問という範疇の中で、間接的に意欲があることをアピールできるようにしていきましょう。また、40代のような経験が豊富な人がこれをやると、ややマニュアル的すぎるので、そういう方は避けた方が良いでしょう。

そこでしか聞けないことはどうでも良いことにならないように

そこでしか聞けないことに関しての逆質問は、どうでも良い質問になりがちです。たとえば、一部屋にはどのくらいの人数が働いていますか?それを聞いて何になるのだ?という質問になりがちなのがこれなのです。なので、その答えを聞いた時に、「それならば自分はこうしていこう」というように、何か仕事に繋がる理解が出来るような質問をしていくのがポイントです。

個人的なことは個人的すぎないように

個人的なことは、個人的すぎないようにするのがポイントです。たとえば、いつも何時頃に寝ていますか?とそういう個人的すぎる質問は、奇をてらい過ぎていますし、マナー的にもよくありません。こういう逆質問をするのであれば、そのあたりのバランスには注意しないとならないでしょう。たとえば履歴書のどこを特に見ていますか?とか、印象の良い履歴書とはどのようなものだと思いますかとか、そういうような質問ならば大丈夫でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です