このページの先頭です

間違ったアピールは逆効果!40代の面接で気をつけたいポイント

219views

投稿日:

会社にどんな貢献ができるかをアピールすることが大切

40代からの転職を成功させるには今までのキャリアとスキルを活かして、これからどうやって会社に貢献するかをアピールすることが大切です。面接では履歴書を見れば経歴は分かりますが、過去の実績よりもこれからいかに会社に貢献してくれるかをチェックしています。そのため履歴書に書いた過去の栄光にしがみつくことなく、新たな気持ちで会社に貢献する姿勢を見せることが大切です。

転職を成功させるポイントはいかに自分を会社に売り込むかですが、アピールポイントを間違えてしまうと逆効果となる恐れもあります。自分のスキルや能力をアピールするだけではただの自慢になってしまうので、どうやって会社に貢献できるのかを伝えることが大切です。

40代での逆効果アピールポイント

控えめな姿勢や態度

40代での転職をすることに対して、自分に自信が持てずに控えめな姿勢で面接に臨んでしまうこともあります。40代では若い世代と違って今までのキャリアとスキルを活かし、即戦力として期待されることが多い年代です。そのためあまりにも自分を低く評価したり控えめな姿勢で面接に臨むと、頼りないイメージがあるのでマイナスな印象を与えてしまいます。自分のキャリアやスキルに自信が持てないと、今まで一体何をしてきたのかと資質を問われることになります。控えめな態度は良い印象を与えることは多いですが、40代で面接を受ける時は、控えめな姿勢はマイナスな印象となるので注意しましょう。

勉強したいアピール

転職をする時に新たな気持ちで仕事をしたいと思うことは必要ですが、ゼロから勉強して会社に貢献したいというアピールはマイナス評価となる恐れがあります。勉強して会社に貢献したいというアピールは、新卒などの若い世代ならばアピールポイントとなります。しかし40代ともなるとキャリアを積んでいるので、かなりのスキルと知識を有しているはずです。

あえてゼロから勉強するとアピールするのは謙虚な姿勢を見せることになりますが、今まで勉強をしてこなかったのかと思われるかもしれません。自分のスキルをいかに活かして会社に貢献できるかが問われるので、勉強するアピールは逆にマイナスイメージを与えることになるので注意しましょう。

過去の実績と栄光

今までの実績をアピールすることは大切ですが、自慢話にならないように気をつけなければいけません。特に今回面接を受ける会社よりも大きな会社に勤めていれば、事業の規模や仕事内容もまったく違います。面接であまりにもアピールしてしまうと、面接官としては自慢にしか聞こえなくなってしまうでしょう。過去の実績や栄光はあくまでも過去の話として、これから会社にどうやって貢献できるかが大切です。アピールの仕方を間違えてしまうと嫌味な印象を与えることもあるので、アピールの仕方には十分注意しましょう。

今の会社を変えたい

自分の実績とスキルがあれば今の会社を変えるほどの力があることを、猛烈にアピールし過ぎると印象も悪くなりやすいです。40代になると仕事に自信を持って取り組めますし、申し分ない実力を兼ね備えているかもしれません。客観的に会社を見るともっといろいろと変えるべき点が見えてくるので、自分ならばこうできるとアピールしたくなる気持ちも分かります。

会社を良くするために提案をすることはアピールポイントとなりますが、自分ならばこうしたいという願望が入ると、今の会社のスタイルを批判してしまうことになります。良かれと思って言った言葉がマイナスに捉えられてしまうので、会社に対してはあくまでも提案に留めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です