このページの先頭です

入社したから安泰ではない!転職で本当の成功を収める必勝法

230views

投稿日:

本当の成功は転職してからが勝負

人手不足が叫ばれる昨今。安易な気持ちで転職サイトに応募し、そのまま楽々と新しい会社に入れる事も珍しくありません。しかし、こんな時代だからこそ、今までよりも転職活動には力を込める必要があります。 その大きな理由として挙げられる事は下記の通りです。

  • 入社した企業がブラックだった
  • 実際に働いてみると思っていた内容と違った
  • その会社の今後の成長が期待できない

こうした場合、たとえ転職活動がスムーズに行えたとしても、結果的に転職が成功したとは言えません。なぜなら、上記の様な内実を持つ企業にいても、近い内にまた転職を考える負のスパイラルに陥る可能性が高いからです。 転職における本当の成功とは、入社した後も“この会社にずっといたい”と思えるような環境で仕事ができる事でしょう。

当然、そうした企業を見つけるには面接を何度も繰り返したり、履歴書を何度も書いたりと苦労も重なります。 しかし、後々の事を考えると、大変な労苦を味わってでもしっかりとした会社選びをする価値は必ずあります。今回は、成功する転職の5つの必勝パターンを紹介していきます。

手間をかけるだけ自分のためになる転職活動

転職後に後悔しないためには、事前にしっかりとした準備が必要です。特に、今回紹介する5つの方法は、30代や40代など年齢を重ねるに従って、より重要になってきます。それは、高齢になるほど再転職が難しく、失敗ができない状況に陥るからです。 それでは順番に見ていきましょう。

今後の成長性に期待できる企業を見つける

いくら個人的なスキルや技術が高くても、成長の期待できない企業に在籍している限り昇給や昇進はスムーズには進みません。今後、ますます市場で大きくなるチャンスを秘めた企業なら、たとえ少しぐらい個人の能力が見劣りしても上の位に就く機会は潤沢にあります。 例えば、最近の事例を挙げるとグローバル化や外需、M&Aなど海外に積極的に目を向けている企業に熱視線が注がれています。こうした企業は若者にもどんどん自由な裁量を与え、会社と共に自分の成長も大きく期待できるでしょう。

職種による専門スキルを確保する

人間のスキルには2タイプあり、専門的なものと総合的なものが存在しています。総合的なスキルとはコミュニケーションや調整力、管理能力などが挙げられます。 転職に必要なのは総合力も大切ですが、自分の求める職種に対する専門的な技術や知識の方が大きく作用します。IT関連ならプログラミングの知識、金融なら会計の知識といったように、職種には必ず最低限必要なスキルがあります。 その点を押さえているかいないかで面接や履歴書で大きな差が付くため、今からしっかりとスキルの習得を意識しておくべきでしょう。

優先順位を設定する

自分が新しい会社や仕事に何を求めているのか、数点挙げて優先順位を付ける事が肝要です。この基準がないと、いざ入社した後に条件とのミスマッチが起こりかねません。 基準とは給料や福利厚生、働く時間や日数、働きやすさや仕事のやりがいなどが代表的です。自分の心に素直に従って、一番企業に求めるものは何かをしっかりと把握しましょう。

人が避けそうな所を選ぶ

特に業界を指定しない場合、世間ではあまり注目されていない業種を選ぶ事も一つの手です。人が集まりそうにない業種はそれだけ競争率も低く、合格の可能性も一気に高まります。たとえ世間から評判の悪い業界だとしても、全ての企業がブラックなわけではないため、その中から良い企業を見つける事ができれば転職活動もスムーズに行えます。

一つのツールに縛られない

現在では転職用に様々なツールを利用する事ができますが、一つのツールだけに縛られない事も重要です。転職サイトやエージェント、口コミサイト、SNSなど様々なツールを駆使して、転職で後悔しないよう事前調査は十二分に行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です